5月の研究会のお知らせ

5月の研究会を下記の日程で開催いたします。

日時 5月14日(月)13時〜

場所 蓮花寺佛教研究所

発表 今井秀和 伊藤尚徳

研究はどなたでも自由に参加できます。
皆様のご参加、お待ちしております。

蓮花寺佛教研究所紀要第11号公刊

蓮花寺佛教研究所紀要第十一号が公刊されました。
国会図書館、主要大学図書館等に収蔵されておりますので、ぜひご覧ください。

〔縦組〕
興津 香織
江戸期のインド哲学研究
─研究姿勢と知識の広がり─

小塚 由博
張潮「真娘墓碑」に関する一考察
─書簡を手がかりに─

遠藤 純一郎
度会行忠所帯の神道書に於ける思想構成(その2)
―伊勢神道に於ける「正直」の観点から―

小林 崇仁
日本古代の山林修行に関する研究の動向と課題

伊藤 尚徳
釈雲照の三教融和思想
─慈雲飲光との比較から─

大道 晴香
一九六〇年代の大衆文化に見る「非合理」への欲望(II)
「〈秘境〉ブーム」をめぐって

小嶋 教寛
鎌倉前中期における東大寺東南院継承とその背景

〔横組〕
松本 紹圭
日本伝統仏教寺院の経営施策に関する調査分析

今井 秀和
〈地獄〉表象の変容
─「妖怪のいる地獄」像を巡って─

山野 千恵子
『カクシャプタ・タントラ』の魔方陣
─『ブリハット・サンヒター』との関係から─

紀要に関するお問い合わせは、info@renbutsuken.orgへご連絡下さい。

蓮花寺佛教研究所紀要第10号電子版公開

蓮花寺佛教研究所紀要第十号電子版を公開いたします。

pdficon
蓮花寺佛教研究所紀要第十号

【利用条件】

  1. 上掲PDFファイルは研究・教育目的での個人使用に限り、自由に閲覧・印刷することができます。
  2. 論文の引用は著作権法に基づく引用の目的、形式に準拠します。但し、紙媒体『蓮花寺佛教研究所紀要』に基づき引用箇所を明示してください。
  3. 上掲PDFファイルの改変、転載、二次配布、大量印刷を禁じます。

*Adobe、PDFおよびReaderは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

2018年度研究助成のお知らせ

蓮花寺仏教研究所は、仏教を中心にアジアの宗教、思想、文化を研究する機関です。当研究所では、龍虎山能滿寺より助成を受け、人文研究に従事する優れた若手研究者を支援するために、研究助成の公募を行っております。

1. テーマ 

蓮花寺佛教研究所では、仏教をはじめとするアジアの宗教が、様々な時代、地域の中で、社会の諸要素と関係しあいながら、どのように人間、社会、文化を形成してきたのか、あるいはその中でどのような変容を遂げてきたのかという研究課題に取り組んでいます。この研究助成は、アジアの宗教、思想、文化を研究する優れた若手研究者を支援し、この分野の研究を促進することを目的としています。「仏教と社会の関わり」に関する研究であれば、課題に制限はありません。仏教学はもとより、歴史学、社会学、民俗学、文学、思想史等、様々なアプローチによる独創的な研究をお待ちしています。

2. 募集人数

若干名

3. 応募資格

応募時点で40歳未満の大学院生か大学院修了者。(修士課程修了以上)

国籍は問いません。個人での応募に限らせていただきます。

選考の結果、該当なしとさせていただく場合があります。

4. 助成期間、助成金

二年間 合計30万円

その他、研究発表手当(1万円)及び紀要原稿料(5万円)が支給されます。

5. 締切 

2018年9月30日

6. 応募方法

応募エントリーフォームに必要事項を記入の上、研究業績一覧(形式自由)、研究計画書(形式自由)、過去に発表した論文(1~3本程度)を添付し、9月30日までに下記の住所に郵送して下さい。締切日消印有効です。

7.義務

採用者には、能満寺でのスピーチ(一年目一回)、蓮花寺仏教研究所での研究経過報告(二年目一回)、紀要への論文発表(二年目一回)を行っていただきます。

8.発表

2018年10月31日

採用者の発表は本人に通知するほか、蓮花寺仏教研究所のホームページにおいて行います。

2018年11月23日に龍虎山能滿寺(栃木県宇都宮市駒生町1870 交通費実費支給)において20分程度のスピーチを行っていただきます。

9.問い合わせ・送付先

info@renbutsuken.org

144-0051 東京都大田区西蒲田6-13-14 蓮花寺佛教研究所

主催:蓮花寺佛教研究所      後援:龍虎山能滿寺

4月の研究会のお知らせ

4月の研究会を下記の日程で開催いたします。

日時 4月16日(月)13時〜

場所 蓮花寺佛教研究所

発表 松本紹圭 小林崇仁

研究はどなたでも自由に参加できます。
皆様のご参加、お待ちしております。