遠藤純一郎

学位 文学修士(早稲田大学)

専攻 中国宗教思想史

研究テーマ 華厳思想と密教思想の関係性について

現職 早稲田大学社会科学部非常勤講師

研究業績

学術論文:単著

  1. 「三十三法門について」「智山学報」第四十四輯 平成7年3月
  2. 「『釋摩訶衍論』新羅成立説に関する考察」「智山学報」第四十五輯 平成8年3月
  3. 「『釋摩訶衍論』と『大宗地玄文本論』に於ける馬鳴像」「大正大学大学院研究論集」第二十一号 平成 9年3月
  4. 「『釋摩訶衍論』と『大宗地玄文本論』に於いて共通する記述をめぐって」「智山学報」第四十七輯 平成 10年3月
  5. 「『大宗地玄文本論』と『釋摩訶衍論』の関係について」「智山学報」第四十八輯 平成11年3月
  6. 「『釋摩訶衍論』に於ける「印知邪正因縁」について」「密教学研究」第三十一号 平成11年3月
  7. 「『占察善惡業報經』と智顗の懺法」「智山学報」第四十九輯 平成12年3月
  8. 「『占察善惡業報經』の信仰ー民衆に受容された隋代仏教の一様相」「現代密教」第十三号 平成12年3月
  9. 「馬鳴曼荼羅成立の背景について」「現代密教」第十四号 平成13年3月
  10. 「『釋摩訶衍論』に見られる道場ー舎宅造立因縁についてー」「智山学報」第五十輯 平成13年3月
  11. 「『釋摩訶衍論』と密教(その1)ー『釋摩訶衍論』に於ける字輪についてー」「智山学報」第五十一輯  平成14年3月
  12. 「Tee als Elixier」「Wandel zwischen den Welten (Festschrift für Johannes Laube)         Herausgegeben von Hannelore Eisenhofer-Halim PETER LANG : Bern」 平成15年1月
  13. 「喫茶考」「現代密教」第十六号 平成15年3月
  14. 「唐代に於ける『大乘起信論』思想の中国的展開に関する一考察ー「忽然念起」を中心にー」「智山学報」第五十二輯 平成15年3月
  15. 「澄観と密教ー『大方廣佛華嚴經疏』に見られる密教的要素ー」「智山学報」第五十三輯 平成16年3月
  16. 「澄観と密教ー『大方廣佛華嚴經疏隨疏演義鈔』に見られる密教的要素ー」「智山学報」第五十四輯 平成17年3月
  17. 「善化寺(山西省大同市)の伽藍構成についてー華厳と密教が融合した一形態としてー」「現代密教」第十八号 平成17年3月
  18. 「澄観と密教ー密教との邂逅ー」「智山学報」第五十五輯 平成18年3月
  19. 「『大日經疏』に見られる華嚴的要素について」「智山学報」第五十六輯 平成19年3月
  20. 「『顯密圓通成佛心要集』に於ける顕密観」「蓮花寺佛教研究所紀要」第一号 平成20年3月
  21. 「覚苑撰『大日經義釋演密鈔』に於ける華厳と密教の関係性について」「蓮花寺佛教研究所紀要」第一号 平成20年3月
  22. 「中国仏教に於ける経済-百丈懐海が転換したもの-」「蓮花寺佛教研究所紀要」第二号 平成21年3月
  23. 「華厳教学と密教 -入唐家の顕密教判の視点から-」「蓮花寺佛教研究所紀要」第二号 平成21年3月
  24. 「華厳教学と密教 空海入唐以前の在唐密教祖師の動向から─」「蓮花寺佛教研究所紀要」第三号 平成22年3月

学術論文:共著

  1. 「『釈論第三重』の研究ー無為第八ー」「大正大学綜合仏教研究所年報」第二十号 平成15年3月

その他:共著

  1. 「中国における祖先崇拝」「智山伝法院選書」5 平成10年3月
  2. 「大蔵経全解説辞典」雄山閣出版 平成10年8月
  3. 「図解・別尊曼荼羅」大法輪閣 平成13年1月

3 Comments

Say Something

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.