出版物のお知らせ

『蓮花寺佛教研究所紀要』第七号 目次

〔縦組〕
伊勢 弘志
仏教と現代社会 ―近代日蓮主義を事例とする「顛倒の論理」の考察―

遠藤 純一郎
鈴木正三の思想 ―「正直」をめぐるエピステーメーの基礎研究として―

今井 秀和
妖怪化する仏像 ―江戸期〝仏像信仰〟の副産物―

伊藤 尚徳
大乗の理念と社会的実践 ―三階教無尽蔵院の事例から―

小林 崇仁
菩薩としての徳一

〔横組〕
山野 千恵子
死者の蘇生 ─『カクシャプタ・タントラ』の呪術世界─

松本 紹圭
日本の伝統仏教寺院が抱える運営上の課題と解決策に関する調査分析

小塚 由博
明清文人と仏教 ―張潮と僧との交遊関係を中心に―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です