『蓮花寺佛教研究所紀要』第十四号 目次

蓮花寺佛教研究所紀要第十四号が公刊されました。国会図書館、主要大学図書館等に収蔵されておりますので、ぜひご覧ください。

〔縦組〕

山川 志典
昭和初期の子育て祈願にみる「トリゴ/アズケゴ」の一様相
―「アズケ」られる写真の意味-

渡瀬綾乃
神仏分離による廃寺と現在の寺院の周縁
―坊津町鳥越集落を事例に―

小塚由博
金剛経と白話小説
―『皇明金剛新異録』「神風護経」説話の変遷を手がかりに―

遠藤純一郎
陰陽道と密教
─『簠簋内傳』に見る牛頭天王の神観念をめぐって─

小林崇仁
諏訪市仏法紹隆寺蔵『当社両部習合神道伝来言上草案』翻刻と解題

今井秀和
疫病の「憑き物」化とその使役者 
─江戸後期の「アメリカ狐」と「疱痘神」─

伊藤尚徳
真言宗における戦時教化の一様相 
―支那事変の前後を中心に―

小嶋教寛
福隆寺大日如来坐像と京仏師山本茂祐

山口敦史 今井秀和 小塚由博 迫田(呉)幸栄 鈴木道代 堀井瑞生
金剛般若経集験記注釈(三)

〔横組〕

松本紹圭 大成弘子
「テンプルモーニング」アンケートから見る掃除と幸福度の関係

山野 千恵子
16世紀インドにおける仏教徒のナータ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です